”通信のコーデック”
通信技術でコミュニケーションのあるべき姿を一新する
それが私たちの目指す新たなイノベーション社会です。


◆クラウドデータを活用するCS-M2M(CPS:サイバーフィジカルシステム)サービスを実現◆
【CS-M2M(CPS)のプラットフォームとID認識基盤】
CS-M2M(CPS)は、機械などにあるセンサーから得られる状態・量・位置などの情報を集める「センシング技術」と、機械などを離れた場所から操作する「遠隔制御技術」の2つの技術を使い、データの「見える化」や、機械の「自動制御」を実現します。また、このシステムでは、個人情報や企業情報の保護のためID認証を組み合わせています。
※M2M(Machine to Machine):パソコンをはじめとしたコンピューターだけでなく、自動車や工業機械、各種センサー、そして身近なところでは家庭電化製品などが通信で結ばれ、情報のやりとりを行うことや、収集した状況に応じて自動的に動作するなどの仕組みです。

-東日本大震災により被害を受けられた皆さま、また、被災地に所縁の深いご関係の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます-
コーデックとは

機器監視、回線制御、データ変換・・・・通信を支える3つの要素技術を組み合わせた通信システムの構築を得意としています
  •      
新着情報
2017.4.19
◆大型連休(ゴールデンウィーク)休業のお知らせ◆
誠に勝手ながら、2017年4月29日(土)~2017年5月7日(日)まで休業させて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
2017.4.7
事業内容のページにシステム開発のページを追加しました。
2017.4.5
第三世代 高感度呼吸センサシステムのページを追加しました。
2017.3.21
当社ホームページ、会社案内のタイトル画像を更新しました。
2017.2.28
京セラコミュニケーションシステム株式会社様が提供するSIGFOX、パートナープログラムのWebサイトが更新されました。

過去の新着情報はコーデック アーカイブで閲覧できます